指導者のための、マインドフルネス・対人コミュニケーション研修

ショップの店員、コンタクトセンターのコミュニケータなどが、

「お客さまとのコミュニケーションを楽しむことができ、楽に応対ができる」

ように育成するための、考え方と手法を実践を交えながら学びます。

 

「お客さま応対がつらい」「クレームが怖い」「何を言われるか不安」「分からなくて焦る」

から解放されるように指導するための方法です。

 

指導者自身が「マインドフルネス」を取り入れることで、指導場面の対人関係を良好なものにします。 

 

★カリキュラム

 

1.オリエンテーション

 マインドフルネス・コミュニケーション受講時から今日まで、取り入れ方や自分の変化など

 についてシェアリングします。

 

2.マインドフルネスとは

 「Let It Go」でマインドフルネスの考え方を再確認します。

 マインドフルネスの2つのスキルを再確認し、様々なマインドフルネスの手法を試します。

 

3.マインドフルネス・コミュニケーション

(1)復習

  マインドフルネスを取り入れたコミュニケーション・お客さま応対について復習します。

 

(2)スキル向上のために

  スタッフに、「マインドフルネス・コミュニケーション」をどう継続実施してもらうか、

  スキル向上に結びつけてもらうか、考えます。

 

4.事例検討

 ~指導場面におけるスムーズな対人関係のつくりかた

 実際の指導の場面において、マインドフルネスをどう取り入れるか、実践を通して学びます。

 

5.まとめ

 研修全体をふりかえります。

 

・6時間/回の研修です。

・「マインドフルネス・コミュニケーション研修」を受講済の方が対象です。