私たちは「感情労働」をしている

自分の感情を抑えて働く「感情労働」


ショップの接客、契約を取るための営業、サービス業の接遇、コンタクトセンターの電話応対などは、

「感情労働」の職業の一つであると言われています。

他にも、世代間ギャップに悩む上司と部下、保護者対応に苦慮する教師など、

見渡せばだれもが「感情労働」をしているように思います。

 

精神的に負った疲労は、肉体や頭と違って取れにくいものです。

だからこそ、

 

【働く人は】

・気持ちを楽にして業務にあたる

・自分の成長を実感しながら働く

 

【組織は】

・組織を、自己肯定感をもった個の集合体とする

・働く人の笑顔あふれる職場にする

 

をめざします。

 

人材育成プログラム「My Ho・M・E」は、

「感情労働の職場」「感情労働に携わる人」にお役に立つプログラムです。