「あたし、どうしたと思う?」の問いかけで自己を探る

あたし、フェオド

 

「あたし、フェオドラ。今日は特別大切な用事があるの。」

から始まるおはなし。

 

おばあちゃんのお誕生日のお祝いに出かけるのですが、

ハプニングがおこります。

 

ワンピースを出してみたらシミがついている。

「ブヒブヒ~! なんてこと! そこで あたし、どうしたと思う?」

と読者に問いかけます。

 

「くびにマフラーを巻いてシミのところで結んでみたの。

どう、すっごく、おしゃれじゃない?」と、

一瞬「ピンチ!」となるようなハプニングですが、どうってことないのです。

 

ハプニングがつづきます。

「ブヒブヒ~! なんてこと! そこで あたし、どうしたと思う?」と、

読んでいる私たちはフェオドラに問いかけられます。

 

さいふにお金が入っていなくても、バスを乗り過ごしても、

フェオドラなら大丈夫です。そのつど何とかしてしまうのです。

 

そして、そのピンチは楽しさや自己肯定に機会となっていくのです。

「うふふ、うまくいったわ!」「ぐふふ、なんてラッキーなの!」と。

 

起きたことをそのまま受け止める。

過去にもどって、「ああすればよかった」と悔やむのではなく・・・・・

「フェオドラを見習おう!」と思います。

読んでいくと元気が出てくる絵本です。

 

『あたし、フェオド―ラ』

(フランツィスカ・ビアマン/さく・え  はらだ ちえ/やく)

フレーベル館