昭和を語り合うと人を育てることの重要ポイントが分かる

Hさんの実家は自営だったそうです。親が経営する工場を遊び場に、

つねに働いている両親を見て育ちました。

「Allways3丁目の夕陽」のようなところだったと言います。


Hさんの子ども時代の話は、とてもおもいしろいものでした。

 

「私ね、幼稚園に3年いくことになってたんですけど、

2年目、いまでいう年中さんの1年間、休学したのよね。

 

毎朝お友達が迎えにくるんですよ。

母がそのお友達に、『Hは具合が悪くて、今日お休みするの』と

ビスケットを渡しながら言ってて、

そんなことが何日が続いて、結局1年間休んだんですよ」

 

「先生が嫌いだったの。うそつくから。

だってその先生、大人と話しているときと子どもたちと話しているときと

ちがうんだもの」

 

4~5歳で自分の気持ちと考えを親に伝え行動したHさんに興味はつきません。

魅力的な60代女性です。


Hさんの行動力は、子どものときから続いているものだと知りました。

幼稚園に行きたくないと言いだした娘を、その理由をきちんと聴いて受容し、

先生や幼稚園を責めるでなく、娘を無理に登園させるでなく

1年間休ませたご両親に感心します。

 

私には出来るだろうか・・・無理だろうな・・・と思いながら聴きました。


「でもね、お友達はみな毎日幼稚園に行ってるのに私は行ってないでしょ。

家にいてもたいくつしちゃうし、近所に遊びに行ってもあきちゃうし

『こんなことしてちゃ、私のこれからの人生にムダだわ』と思ったの。

それで、3年目は幼稚園行ったのよね」

 

と、またまたびっくりの子どもです。