人から学ぶ~場づくり

「週休4日・月収15万」で健全な寄り道~新しい働き方の実験

“マネジメント”からの逃走

PRESIDENT Online 2014/7/25付 若新雄純氏の記事に


「利用者同士のコミュニティをつくり

毎月1回程度、みんなが一堂に集まって意見交換できる場を設けたい」

とありました。

 

長く勤めてきたコールセンター運営会社で、

「社員が笑顔でイキイキと働く職場にする」を目指し

いろいろ挑戦してきました。

 

社員とは、正社員だけでなく契約社員、時間で働くパートアルバイトの方

すべてです。

 

所属するセンターが異なると、一緒になる機会はほとんどありません。

悩みは共通であるはずですが、それをざっくばらんに意見交換する場が

ありません。

 

そこで、「仕事帰りに楽しく学ぶゆとりセミナー」と題し

コミュニケーションのワークショップの場を設けました。

 

異なるセンター働いている人たちが集まって、

一緒に学び対話する場です。

 

コールセンターという「電話で接客」という仕事についているからこそ

「人と人とのコミュニケーション」にだれもが

興味をもつのです。

 

コミュニケーションについて学びながらも

自分について考える場です。

 

コールセンターでは、業務研修は多数受講しますが、

「自分をふりかえる」「キャリア形成について考える」

「他者との交流をはかる」「自分を表現する」

は、ありません。

 

「人との対話が、一番の学びだ」と考えている私は

こうした「人が集う場」を提供することで応援してきました。

 

「人が集う学び場」は、コールセンター以外でも

実践中です。