「勝手に○○さんの人生 もしかしたら~かも」でキャリアを考える

8月8日のハピコミ@聖学院大学でおこなったワークです。

 

「勝手に○○さんの人生 もしかしたら~かも」は、

「キャリア×ドラマケーション」を軸に開発しました。

 

若者たちが「自分の将来を考える」ことを、頭を抱えて難しく考えるのではなく

「楽しみながら、自然に考える」となるような仕掛けにしています。

 

学生たちの感想です。

 

・やってたら面白くなっていろいろアイデアが出た。

・人生には悪いこと、いいこと両方あるんだと思った。

・失敗して彼女に逃げたのは共感できない。

・○○くんの心の内はどうだったんだろう。

 もっと内なる成長を考えてみたかった。

・○○くんの小さい時がどうだったのか、考えてみたい。

・「人生をつくりあげていく」のは楽しい。

・どん底を味わうがあきらめないのがところがスゴイと思う。

 

「勝手に○○さんの人生 もしかしたら~かも」は、

架空の人物のキャリアを考えるゲームですが、

「他人の人生を想像・創造すること」を、グループで行うことで、

「自分自身のキャリア」を考えることがしやすくなります。

 

これまで高校生対象、大学生対象と実施してきましたが、

「新入社員研修でも使える!」と感触をつかみました。