夢は靴職人

Yちゃんは大学2年生。
福祉の勉強をしています。

Tさんと話がしたいとの希望をもっていたので

クリスマス間近の休日に集まりました。

YちゃんもTさんも車いす生活をしています。

自立したいと九州から東京に出てきて

独り暮らしを始めて10年過ぎたTさんの話は

胸に刺さります。


「動こうよ!」「外に出るといいよ」とYちゃんに優しく強く話してくれました。




Tさんの夢は靴職人。

「車いすを利用している足に障害がある人々の靴は、補装具がついてて可愛いのがないの。

 小さな女の子なんて、特に可愛い靴がはきたいと思うのよね。」とTさんは言います。

上京してすぐに、会社員をしながら靴の専門学校に3年通ったとのこと。

夢の実現に向けて、行動を積み重ねているTさんは、本当にカッコイイ女性です。